犬達にクリスマスプレゼント

ジョージアのバトゥミは、急に冷え込んで来ました。天気もどんよりした天気が続きます。スーパーに犬達のクリスマスプレゼントを買いに行ってきました。

ジョージア来たばかりの頃は、40分くらいかかってた肉の解体も、今では慣れて来ました。10分くらいで完了!

犬達が集まるショッピングセンター駐車場は、キャサリンが歩くだけで犬達が集まってきます。キャサリンは、犬達に甘いのでこんな感じでストーカーされます。キャサリン=おやつくれる人。私=激しく遊んでくれる人、こんな感じの位置づけです。

大型犬ばかりなので、犬嫌いな人は歩けないエリアです。

太ってる犬は、定期的に餌をもらってるし、健康にも良くないので、ケガをしている犬や、老犬、痩せてる犬を探してあげます。

特に、ネグセは老犬で、けっこう足腰も弱ってきているので、1番美味しい栄養価のある骨はネグセにあげたいので、公園中を探して回ります。ようやく見つけました!

テシタンは、意外と良い奴で、いつも少し離れたところで、ネグセを見守ってくれています。だからテシタンにもお礼の骨プレゼント。

この喜ぶ姿を見ると嬉しいです。

ネグセは横取りされそうになると譲っちゃう優しい犬なので、他の犬が来ないように私が守りながら食べさせます。

本当に美味しそうに食べてくれました。

もう3か月もあっていない、レオ君。彼は超大型犬なのに痩せているので、会ったら沢山食べさせてあげようと思っています。知ってる方はご連絡下さい(笑)

2件のコメント

  1. お勤めご苦労様です😆
    ふと思ったんですが、東南アジアとかも野良の犬やウシとかいますが。ジョージアも日本のように行政は野良犬また放し飼いの馬とかには関与してないってことなんでしょうね。狂犬病については、咬まれた方が悪い運が悪いって解釈なのかなぁ?
    まぁ全土の野良犬を捕獲、収容に金を使うより人間の生活が最優先って事なのかなぁ。

    1. 一応、野良犬には狂犬病予防接種済みのタグが耳に付けてあります。しかし、地元獣医が言うには、いつ接種したかなど管理されておらず、全く関係ないとの事。つまり野放しです(笑)牛や馬に関しては、ただ放しているだけなので放牧です(笑)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ
にほんブログ村
error: 右クリックや範囲選択はできません。