誰も知らない空挺団の事件

コーカサスの山々は真っ白になり、吹き下ろす風がとても寒いです。

寒いからって、厚着して出かけると、みんな半そで!みたいな、そんなバトゥミです。

実は、日本に帰ろうかって会議を開きました。それだけ毎日事件が起きます。

先日も、レジデンスのデポジット払って無いだろ!なんて因縁付けられ、何度も部屋を訪れるから、「ちゃんと確認しろ、ボケっ!」って日本語で吠えてやりました。家賃支払いに行ったインフォメーションでも、Google翻訳が聞き取れない英語でしゃべりまくるから、呆れてたら、「この日本人、英語理解できないから話になんない!」って逆切れする始末。

ボスの所に乗り込んで、ぶち切れてきましたよ。「言葉は分からないけど、日本人だという事でバカにしてるのはよく分かる!」キャサリンもデスク叩いてましたよ(笑)

会議の結論は、事件続きだけど、日本では味わえないエキサイティングな日々だから、引き続きいよう!という結論になりました。

24時間対応のデスクが、ワイン飲みながらやってるんだから、そりゃ事件も連続する。

事件と言えば、Twitterで、第一空挺団時代のエピソード紹介したら、もっと聞きたいとリクエストが凄いので、少しづつ公開してまいります。

この時期に必ず思い出す事件があります。

空挺時代の私の部屋は8人部屋でした。ボーナス貰った翌日、後輩Eが泣きそうな顔しています。どうしたのか聞くと、鍵のかかったロッカーからボーナス全額消えている。鍵は首にぶら下げている。

犯人は、この部屋にいるかもしれない。事件化されると、部隊全員の正月休暇に支障が出るので、迅速に、秘密裏に片付けなければいけない。

私は、下から3番目の序列でしたが、犯人逮捕に動いたのです。

まずは、一人一人話を聞いていきました。新兵のMが怪しい。

でも、一生懸命無実を主張しました。消灯時間になったので、私はMに自白させるのを諦めた。

翌日、振出しに戻って、最初から調べ直す事にしました。

夜遅くまでMの取り調べした事を、本人に謝っておこうと思った。

私「昨日は遅くまで悪かったな」

M「え?私がやりました」

私「は?・・・え?・・・お前が盗んだの?」

M「そうですけど」

私「けど?・・・はぁぁぁぁぁぁぁ???」

その瞬間、2段ベッドからMを引きずり降ろしてバチっ!ぼこっ!

それを見ていたボーナス全額盗まれた被害者Eが「薫さん止めて下さい!やめて下さい!」って止めに入るから「そんなんだから盗まれんだよ!」って2人並んだ状態で、私にボコすかやられて、今後の事を話し合った。

犯人Mは全額1活返済、辞表は出さず、心を入れ替え任期満了まで勤め上げる。

その言葉通り、Mは任期満了まで問題を起こさず、退職して行きました。

4件のコメント

  1. 素行の悪い者はどこにでもいますがMは幸か不幸かかおるさんと同部屋だった。
    かおるさんに睨まれてとてもじゃないけど逃げ切れないと犯行は暴かれた。でもそんなMも任期満了まで勤め上げることができた。
    軌道修正ができたかもしれませんね。

    1. ずっと近くで見守っていましたが、どうしても笑顔では話しかけられませんでした。辞める時もにこりともできなかったのを覚えています。盗んだお金を母に送金してたんですから。。。

  2. 高校の時、ロッカーから盗まれた事があった😤
    寮の先生に早退した人が居ないから聞いてみたら1人。
    証拠が無かったから、その人の近くで絶対許さない😡先輩だからって冗談じゃない、夜中襲撃してやるって、独り言の様に言ってたら、3日後に現金がロッカーに戻ってきた🤣
    作戦勝ち🫡

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ
にほんブログ村
error: 右クリックや範囲選択はできません。