ジョージアの藤原組長

ジョージアのバトゥミに、長期滞在している日本人は、非常に少ないです。

たまたまTwitter で知り合ったAさんが滞在しているゲストハウスに、凄い毛並みの犬がいるのを発見!

そして、オーナーに許可を取って頂き、会いに行って来たのです。

行動範囲が狭いので、マヒンジャウリ方面に行くのは初めて♪

気分は遠足です。

Aさんがバス停まで迎えに来てくれました。

Aさんは世界中を一人で旅する博多美人。

同じ九州出身なので、懐かしい故郷の話で盛り上がり、話しながら向かいました。

そこは、私が生まれ育った長崎の実家のよう。

子供の頃を思い出して、薪割したくなりますね。

一つ目の門をくぐり、見学しながら門扉に向かうと、既に、凄い形相で威嚇しています。

門を開けてもらい中に入ると、唸りながら私の周りをぐるぐる獰猛に動き回ります。

2か月ほど前に、トビリシで、ピットブルに襲われ、3人が大けがした事件がありました。数日後には、飼育と輸入を登録制にするとジョージア議会で決定されました。

これからジョージアでも簡単に飼えない犬種です。

見てこの顔!

彼の名前はロルディ。カネ・コルソ・イタリアーノという犬種。

プロレスラー藤原組長そっくりですね!

愛嬌ある顔していますが、大けがしたくない人は近づかない方が良いです。

私も、近所の大型犬に、餌配りしていますが、危険な犬はけっこういるので気を付けています。

近所に住む観光客も、食事の余りの鳥の骨なんかあげてるのを見たり、不用意に近づく姿を見ると、本当に危険だなとつくづく思います。

鳥の骨をあげるのは絶対NGです。鳥は軽量化の為、骨が空洞になっています。噛んで割った場合、鋭利になり、それが内蔵に刺さって命を落とす事になるので、絶対にあげてはいけません。

彼にはお土産を2つ持って行きました。

一つは、前日に豚肉を買って、骨を外して、茹でて来ました。

そしてもう一つは、みんな大好き、牛モツのドライフード。

オーナーに、あげて良いか確認したら、牛肉しかあげないと言うので、豚骨は持ち帰る事にして、ドライフードはオーナーにプレゼント。

そしたら、あんたがあげて良いよって言ってくれたので、ロルディにさっそくプレゼントしました。

ロルディ大喜び♪

1時間という約束でお邪魔したのに、Aさんの世界旅の話も面白く、2時間以上おしゃべり。本当に、とても楽しい時間でした。

Aさん、Tamanaさん、貴重なお時間、本当にありがとうございました!

ロルディの動画は後ほどあげますのでTwitterでどうぞ!👉こちら

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ
にほんブログ村
error: 右クリックや範囲選択はできません。